ヘルペスウィルスによる感染症で現在8種類のヘルペスウイルスが確認されています。大人だけでなく、子供もかかる病気で水ぼうそうなどがそれに当てはまります。病気にかかったら早めに病院に行きましょう。

口唇ヘルペスの予防の方法とは

口唇のヘルペスは、ウィルスが皮膚や粘膜に感染して、水ぶくれができます。この症状は、一度治ったと思っても、ウィルスが神経細胞の中に隠れていて、再び再発してしまう可能性があります。
口唇ヘルペスは、風邪などで体調を崩したときや、疲れがたまったときなどに、唇の周りにできることが多く、日本人なら多くの人が経験したことがある一般的な病気です。
症状として、小さな水ぶくれができて、ムズムズしたかゆみや皮膚のほてりなどがあり、大抵の場合、数週間でかさぶたになって治ることが多いです。
口唇ヘルペスを予防する方法は、まずは、疲労やストレスをためないようにすることと、ストレスや紫外線を避け、唇の乾燥を防ぐことが大切です。また、寝不足も予防の妨げとなります。
また、口唇ヘルペスの予防の妨げになるものは、アミノ酸の一種のアルギニンです。アルギニンはヘルペスウィルスの栄養となり、活性化させてしまいます。アルギニンを多く含む食品は、チョコやカフェイン、ナッツ類などがあります。
他にも、ジャンクフードや人工甘味料、白砂糖やマーガリンなども予防には大きな妨げになる食品です。
口唇ヘルペスを予防するための食品には、リジンという物質をアルギニンよりも多く摂取することで、予防効果があります。リジンを多く含む食品として、ほとんどの野菜や果物、鶏肉や牛肉などが挙げられます。
リジンをもっと多く摂取することができる方法として、リジンのサプリメントなどを活用することも効果的です。
また、ヘルペスを予防する上で、以前からヘルペスと診断されている方の場合、特に再発する恐れがあるので、市販薬を利用して、初期のうちに抑えることが効果的です。症状が酷くなってしまった場合には病院にいかなければいけません。