ヘルペスウィルスによる感染症で現在8種類のヘルペスウイルスが確認されています。大人だけでなく、子供もかかる病気で水ぼうそうなどがそれに当てはまります。病気にかかったら早めに病院に行きましょう。

ヘルペスウイルスによる感染症の種類

ヘルペスというのは、水ぶくれのようなできものが多く集まった状態を指すことばで、こうした病気はヘルペスウイルスに感染したことが原因となっています。このウイルスの感染症の代表例としては、口唇ヘルペスや性器ヘルペスがありますが、そのほかにも水ぼうそう、帯状疱疹などが知られており、ウイルスの型や種類はそれぞれ微妙に異なります。
比較的多いとみられる性器ヘルペス感染症については、性器やその周辺などに小さな水ぶくれが多数発生し、痛みをともなうことがあります。下着などでこすれる部分にあたるため、この水ぶくれが潰れて状態が悪化し、ただれがひどくなることもあります。
ヘルペスウイルスというのはたしかに感染症を引き起こすものではありますが、身近な生活のなかに存在しているものであり、日本人の多くは感染症として発症はしないまでも、何らかのかたちで感染し、無自覚なままにいるケースも多くみられます。ただし、大人になってからはじめてこのヘルペスウイルスに感染し、感染症を発症した場合には、通常いわれている症状よりもかなり重く、高熱がでたり痛みがひどくて排尿困難になったりという症状を呈することもあります。
こうした感染症の治療には、抗ウイルス剤が処方されますが、患部の部位や症状の程度に応じて、クリームや内服薬などの適切なタイプが選択され、場合によっては併用されることもあります。抗ウイルス剤によって症状が治癒したあとでも、このウイルスは体内にとどまることが知られており、完全に除去するということが難しいものです。再発の可能性も比較的高く、かぜや過労などで体調を損なったときに発症することが多いとされていますので、体調管理には普段から注意しなければなりません。