ヘルペスウィルスによる感染症で現在8種類のヘルペスウイルスが確認されています。大人だけでなく、子供もかかる病気で水ぼうそうなどがそれに当てはまります。病気にかかったら早めに病院に行きましょう。

ヘルペスの感染予防法は無く患者はhivに感染し易い

ヘルペスには、約100の種類が存在し、人間は8種類のヒトヘルペスウイルスによって感染している事が実証されています。
特に1型と2型のある単純ヘルペスウイルスは、日本人の約7割~約8割が口の周りや顔面など上半身に発症する1型のウイルスに感染しており、日本人の約1割前後が性器や下肢など主に下半身に症状が出る2型のウイルスに感染し、そのウイルスを生涯体内に保有しているとされています。
2型の代表格の性器ヘルペスは、感染後も無症状なケースが多く感染に気付かず性行為を繰り返す為に、ウイルスの強力な感染力もあり感染患者が急激に増加しています。又、体調不良やストレスなどにより免疫力が低下すると、体内の神経節に隠れていた2型ウイルスが再活性化し再発する傾向が強いのも特徴です。その為、夫婦でも気付かないケースがあり、母子感染により発症し生後間もなく発熱や呼吸障害など症状が見られ、後遺症が残ったり死亡するケースもあります。
hivや梅毒などの一般的な性行為感染症の感染予防法は、コンドームで予防できますが、性器ヘルペスはコンドームで覆われる性器以外の手や口にウイルスがあれば感染してしまうので、確実な感染予防法が確立されていないのが現状ですが、不特定多数との性行為の回避や患部への接触回避など最低限の感染予防法は実践するべきです。
又、性器ヘルペスは、性器患部よりhivや梅毒などの性行為感染症のウイルスが侵入し易い為に感染し易いので、定期的な性病検査によりhivやヘルペスのなどの性行為感染症の感染を早期発見し、早期治療を心掛けるべきです。
20代の女性に多い性器ヘルペスですが、現在では以前の様に恥ずかしい思いをして検査を受ける必要がなく、通信販売で検査キットが購入出来ます。